大きいぬいぐるみを自宅でクリーニング!洗い方紹介

雑記

お家にあるとなんだか癒やされるぬいぐるみ。

普段触ったり抱きしめたりしているとぬいぐるみたちも少しずつ汚れていきます。

愛情たっぷりで接していれば接しているほど汚れる頻度も高くなってしまうもの。

そんな大切なぬいぐるみをたまにはお風呂に入れてあげませんか?

ということで、私が一番接することが多い

シロイルカの大型ぬいぐるみをお風呂に入れて綺麗に洗ってみました!

洗ってみたいけどちょっと自信ないな…という方

そもそもどうやって洗ったらいいかわからないなと言う方

もしよければ参考にしてみてください!

ぬいぐるみによっては、洗濯やお風呂が難しい子もいます。

  • 革・合皮が使われている
  • 接着剤が使用されている
  • 機械が入ってる
  • 色落ちする
  • 中にポリエステル・ビーズ・パイプ以外の物が入っている
  • 洗濯機(乾燥機)に入らない
  • アンティークの物

上記に該当する際は洗濯やお風呂などは控え、プロにおまかせすることをおすすめします。

※洗濯やお風呂でハプニングが起きても責任はとれませんので、よくぬいぐるみと相談してくださいね。

スポンサー

早速お風呂に入れましょう!

本日お風呂に入るのは、シロイルカのぬいぐるみ【スリット君】です。

ミケ
ミケ

スリット君!今日はお風呂に入るよ!

スリット君
スリット君

久々だね!僕は過去2回ぐらいお風呂に入ったかな。

今回で3回目だね。

スリット君は横浜・八景島シーパラダイスのアクアミュージアムショップでお迎えしました。

正式名称は【シロイルカふんわり抱き枕】

…抱き枕だったの?!??

大きさは全長1mぐらい。

必要なもの

  • ぬいぐるみ
  • おしゃれ着洗剤
  • 柔軟剤
  • 大量のバスタオル
  • 乾燥機

洗剤は普通の洗剤でも大丈夫ですが、大切な子なのでおしゃれ着洗剤を使ってます。

スリット君は白い子なので洗濯用の漂白剤を使ってもいいかもしれませんが、

漂白剤は生地にダメージを与えるので使いません。長く一緒にいたいですから。

柔軟剤はお好みのもので!

洗剤をシャンプー・柔軟剤をコンディショナーとして使う手もあります。

が、洗浄力の面でおしゃれ着洗剤と柔軟剤がおすすめです。

大量のバスタオルは…

今回7枚用意しました。

大きい子は特に乾燥が重要です。あればあるだけいいです。

乾燥機は必須です。

静止乾燥がある乾燥機で!

あとは体力と気合ですね。結構重労働ですから!

洗剤で洗う

スリット君
スリット君

ぬ~ん

小さい子であればタライやバケツでいいんですが、1mになると とてもはいりません。

浴槽で洗っていきます!

まずはシャワーで軽く表面を濡らします。

毛足の長い子や汚れがひどい子は、お風呂前にブラッシングをしてあげるのがおすすめです。

ホコリなどを落としてあげましょう。

次に洗剤用意。

タライに洗剤を1カップぐらい入れてお湯で薄めます。

先に洗剤を入れてからシャワーでお湯を入れてあげると泡立ちます。

溶いた洗剤をぬいぐるみにかけていきます。

シャワーでお湯を足したりしながら全体を手で撫でるように洗ってあげます。

ミケ
ミケ

抱き枕としても使ってるので、地肌が触れやすいお顔部分の汚れが目立つかな…。

スリット君
スリット君

念入りに優しくよろしくね。

ゴシゴシがしがしあらうと中の綿がよってしまったり形が崩れてしまうので

優しく時間をかけて洗います。

背中・お腹・お顔・手足(ヒレ・尾ビレ)も忘れず!

洗えたら洗剤をしっかり流します。

流す時はシャワーをかけながら優しくなでてあげます。

柔軟剤につける

洗剤で洗ったあとは柔軟剤を使います。

こちらも洗剤同様、タライに柔軟剤をいれてお湯で薄めてかけました。

柔軟剤は泡立てる必要がないので、風呂桶にお湯をはった状態で柔軟剤を溶かしてもいいですね。

そのほうが効率がいいかも。

ある程度柔軟剤入りのお湯をはったら優しくなでながらお湯をかけてあげます。

手ですくってかけていく感じです。

写真では片手でやってますが、両手で両側から中心に向かってかけてあげるのがいいですね。

クルクル方向をかえながらまんべんなく馴染ませましょう。

大型のぬいぐるみだと綿がお湯を吸って相当重いですが頑張って!

柔軟剤作業が終わったらすすぎます。

できる限り念入りに。

しっかり流したらお風呂のお湯をぬきます。

スリット君
スリット君

大分きれいになったけど…。疲れたよ…。

ミケ
ミケ

ここからが本番だよ!

タオルで脱水

大量のタオルここで登場です!

ぬいぐるみは表面だけではなく、中の綿までしっかり乾かさないとカビてしまいます。

せっかく綺麗にしようと思ったのにカビてしまって駄目にはしたくないですよね。

脱水は本気でやります。

バスタオルをひきます。

その上にぬいぐるみをおきます。

次はぬいぐるみの上にまたバスタオルをかけてくるむようにします

ここでちょっとかわいそうですが、上からギュッギュと押してあげてください。

すると下に敷いたタオルが…

もうびっしょり。

ひたすら脱水を繰り返します。

タオルで包んで上からギュッギュ!

イメージとしてはぬいぐるみの中の水をタオルに吸わせる感じです。

大きい子程時間をかけて水をとってあげてください。

ひっくり返したり、ぬいぐるみの下になる面を変えてあげるのも忘れず。

水は下に溜まりやすいです。

スリット君の場合は背中・お腹とクルクル回しながら脱水しました。

ただし、無理に形を変えるほどやってしまうのはNGです。

あくまで、その子の無理のないように脱水してあげてくださいね。

スリット君のように長い子であればバスタオルで包んで抱きしめてあげる形での脱水もおすすめです。

ミケ
ミケ

抱きしめ脱水は自分も全身濡れるのでそれだけは覚悟してくださいw

手足等の細かい部分も忘れずに!

あらかた水分がとれました!

水浸しの時より大分ボリュームが戻ってきました。

スリット君
スリット君

つ…疲れた…。

もう無理…。

ミケ
ミケ

お疲れ様。

ここからは休憩に入るから安心して。

外に干す

脱水が終わったら陰干しします。

できれば日が出ている時間はずっと出しておきたいです。

なので晴れた日がおすすめ。

小さい子であれば部屋干しでも問題ないですが、大きい子だと時間かかります。

ミケ
ミケ

でもこれで終わりじゃないよ。

外に干したら乾く…わけじゃないんだ…。

スリット君
スリット君

次のために英気を養っとくね。

乾燥機へ

外干しだけで乾かそうとすると相当長い時間がかかりますし、

失敗するとカビるという恐ろしい未来が待っています。

ので、乾燥機を使いましょう。

ここで注意なのが、静止乾燥を使うことです。

機種によって様々ですが、ぐるぐる回らない乾燥機能を使います。

※画像はあくまで一例です

ぐるぐる回してしまうと、型崩れの原因になります。

ので、脱水も洗濯機を使わないでくださいね。

何より大切な子を洗濯機に乱暴にされたくないですよね。

最初は90分で設定。

ぬいぐるみの乾き具合を見ながら時間を調整していきます。

終わったら状態を見て、ひっくり返してみたり…

そして

乾燥機にかけること7時間

綺麗にふわふわになって帰ってきました!

スリット君
スリット君

僕飛んでるー!

ミケ
ミケ

お疲れ様!

ホカホカなのでちょっと自然乾燥も兼ねて通気性のいい場所にいてもらうね!

※乾燥しきっているか不安な場合は通気性のいい場所で1日自然乾燥させてください。

 除湿機を使うと早く乾いて便利です。

ブラシをかける

スリット君のように毛足が短い子はもしかしたら必要ないかもしれませんがブラシをかけます。

毛足の長い子は必須ですね。必ず整えてあげてください。

毛並みにそって優しく。

ミッション完了

これにて大型ぬいぐるみ洗濯ミッション完了です!

スリット君
スリット君

長い戦いだった…。

ミケ
ミケ

スリット君本当にお疲れ様。

乾燥も含めると1日がかりだからね…。

時間と体力と諦めない精神が必要だねw

スポンサー

プロにお願いすることもできる

私は大体1年に1回程度洗ってあげたいなという気持ちでいます。

が、スリット君はうちに来てもう6年ぐらいになるのでそろそろプロの手が必要になるかな…とも考えています。

中の綿も大分しぼんできてしまっています。

そんな中で特に利用してみたいなと思っているのが

ぬいぐるみ健康法人 もふもふ会 ぬいぐるみ病院

ずっと気になって入るんですが、なかなか自分の子に旅をさせるのって勇気がいりますよね。

なのでまだ利用したことがありません。

でもサイトを見てみるととても安心できる言葉が沢山書いてあるので前向きに検討できるなと思います。

ぬいぐるみ病院ではぬいぐるみのエステ(お風呂)や、治療・オペを利用できます。

エステではぬいぐるみをお風呂に入れてくれます。

私のような素人のクリーニングではなく、しっかり洗ってくれたあと綿の調整もしてくれたり。

治療・オペでは傷になってしまったりした箇所を直してくれます。

是非公式サイトを御覧ください。

利用する予定がなくても是非。

ぬいぐるみ好きは見ているだけでも癒やされると思います。

ぬいぐるみについた皮脂等の汚れを「愛され色」と表現されているんです。

愛に溢れすぎてる。

利用される方は予約必須ですのでお気をつけくださいね。

スポンサー

最後に

ということでお疲れさまでした。

今回は私がいつも寝る時に横にいてくれる大型ぬいぐるみのスリット君をお風呂に入れてみたレポでした。

ぬいぐるみは優しく寄り添ってくれる大切なパートナーだと私は思ってます。

いつもありがとうの気持ちを込めて。

でも無理はせず。

ときにはプロの力も借りて。

大切な子とより良い時間を過ごせますように。

したらば、これにて!

タイトルとURLをコピーしました