【動画あり】初心者が初めて一人でPC組む!#組み立て編

PC・周辺機器

前回はパーツ紹介を致しました

※静電気防止手袋をしろと指摘がありそうですが、私に自作PCを教えてくれた友人や、私が好きな自作PC動画を投稿している方たちは静電気防止手袋などしていないので私もしません。

スポンサー

CPU

まずはCPUから。

intel COREi7 11700

CPUが一番緊張します。間違えたらピンが折れちゃうんじゃないかとか。手を滑らせたら…とか。

不安なので何度も何度も向きを確認します。絶対ミスりたくない。CPUは高い…っ。

とても不安がってますが、私が心配性なだけでそんなに難しい作業ではないです。

スポンサー

M.2

次はM.2を設置。

初めてM.2を使うのでどこに取り付ければいいか迷いました。

説明書を読んで場所を特定。

M.2を設置して、ヒートシンクを取り付けてM.2設置完了。

スポンサー

リテールクーラー

M.2設置のときに邪魔になりそうだったのでリテールクーラーがあとになりました。

※なんとなくCPUを取り付けたあとにリテールクーラーつけたくなりません?w

簡単に取り付けられた!って思ってるんですけどね。

実はしっかり設置できてません。

どうもリテールクーラーの取り付けが苦手です。

このミスは大分先に判明します。この時点では気づいていません。

リテールクーラーの電源もつないでおきましょう

スポンサー

メモリ

メモリの取り付け。

一番右側と右から二番目に取り付けていきます。

メモリは向きがあるので気をつけて…って言っても向きが合わなければ入らないだけなんですけどw

パチっとなれば設置完了。

メモリの設置は好き。

リテールクーラーの取り付けは苦手

スポンサー

電源

次はケースに電源を設置していきます。

フルモジュラーの為自分で必要なケーブルを選択して取り付けます。

こちらは動画や色々なサイトを見て必要ケーブルを選んで指したやつ。

これだけで結構時間掛かりました。

フルモジュラーは必要最低限の線だけになるのでスタイリッシュですが、どれを使うかわからない初心者には少しハードルが高かったかもしれません。

ま、結果的に調べればわかることなのでこれにしてよかったと思います。

電源入れていきます。このケースは電源が下に来るタイプです。

文字が逆さまなので上下逆に見えますが、ファンが下側に来るように設置するためこれで大丈夫です。

ネジで固定。

先端が磁石になってるドライバー便利ですねぇ。

スポンサー

マザボをケースに取り付け

バックパネルつけてマザボをケースに取り付け。

バックパネルとマザボを綺麗に一発で取り付けられるコツってないんでしょうか…。

やり直し連発しました。

取り付けが完了したのでネジで固定していきます。

手が滑ってドライバーを落とすなどしていました。心臓に悪い…。

無事固定完了。

スポンサー

配線

配線をしていきます。

配線ですが、面倒で難しくて初心者にの鬼門ですね…。

まずは必要なケーブルを前に出していきます。

裏から通してきた24ピンを差し込みます

硬い!マザボがきしんで怖いですw

次がこちら向き確認して差し込みます。

向きが違えば入らないから緊張感少なめです。

次は下から出してきてカラフルなやつ。

オーディオヘッダーです。

そしてUSB3.0。これも硬いっ。

きしむマザーボードを気にしていたら進まないので強引に入れていきます。

スポンサー

SATA SSD

ケース背面

配線をある程度したところで唐突にSATA SSDの設置

最初下に設置したんですが、HDDを今後設置予定なのでこちらは開けておくことに。

ここにもともと設置していた

というか、色々やってて、もしかしてここ(ケース背面)に取り付けられるのでは?と気づいてここにしました。

そしてSATAを表に持ってきてここにイン

スポンサー

最難関:フロントパネルコネクタ

接続の仕方がわからず、説明書とにらめっこしつつ、ネットでも調べ間違いのないようにピンを刺していきました。

こちらはマザボによって違うようなので、マザボとケースの説明書をしっかり読んで頑張るしか無いみたいですね。

これ統一してほしいですね…初心者にとって最難関&鬼門だと思います。

なんとか無事突破できました。

これのために結構な時間奮闘していたので達成感がすごかったです。

スポンサー

お待ちかねグラボ!

ケース背面の取り外さなければならないところを取り外し、グラボを設置。

グラボを取り付けるだけで雰囲気ガラッと変わります。

グラボを差し込んだらネジで固定。

電源をつけたいので裏からケーブルを持ってきます。

グラボ用の電源を取り付け。

余分なケーブルは巻きつけておきます。

ケーブルの処理難しいですね。動画とか見てるとみんな綺麗にやっててすごいなって思います。

スポンサー

またしても配線

次はケースのファンを使えるようにしていきます。

3つのファンのケーブルを一つにまとめられるケーブルにつなげましたが…ピンが1つ余るけどいいのかな?

まぁ、いいか。ってことで、ケーブルを前に通してチャファン。につなげます

100%グラボ付ける前にやればよかったです。

そして後ろのファンのケーブルもつなげます。

これで。組み上がり!

スポンサー

かっこよくできた

黒と白で構成されてかっこいいです。

ただ、電源のDA850が…うーん…。

さて、ここからは起動テストしてきます。

うまく…起動したらいいんですが…。

OSはWindows10 64bit Homeをインストールしていきます!

スポンサー

起動テスト

ディスプレイポート to HDMIケーブルを使ってモニターとつなげました。

うちのモニターはディスプレイポート対応していないので。

起動しました!よかたぁ…と安心していました…が、どうもおかしい。

勝手に電源落ちちゃうんですよね。

調べてみるとCPUの温度がやばいよー!って言ってるようです。

よく見ると分かるんですが、BIOS画面のCPU温度が88℃になってます。

これは…あれだ。案の定リテールクーラーうまく取り付けられてないやつだ。

ってことで、リテールクーラーを今度こそシッカリ取り付けて起動。

上の画像は英語表記になっていますが、こちらは日本語化したもの

すると問題なく起動し、CPU温度も40℃となりました。

やっとWindows10インストール。

Windowsのインストールに関してはこちらで説明するまでもなく沢山の動画や解説サイトがあると思いますので詳しくはそちら調べてみてください。

私が解説するより100倍わかりやすいと思いますw

スポンサー

ベンチマーク

ベンチマークもやりました!

っても、比べる宛がないので、組み立てたPCの性能をなんとなく見るだけではありますが…w

FF15ベンチでは

高品質

1920×1080

フルスクリーン

でとても快適。

FPSは最低60ぐらいで最高が130超えるぐらいでした。

FF14ベンチ

最高品質

1920×1080

フルスクリーン

結果は非常に快適

FPSは最低70切るか切らないかぐらいで、最高は300を上回るところもありました。

いい感じでしたね。

動画編集だけではなくゲームも快適に遊べそうです。

スポンサー

一人で上手に組めました

CPUファンの取り付けが少し甘かったりしましたが、エラーを読み取って原因が解明できたり…

ちょっとしたトラブルはあったものの、なんとか一人で自作PC初挑戦は無事成功に終わりました!

今まではPC関連をほぼ見てもらっていた友人がいたんですが…流石に一人で組めるようにならねば!ということで今回の企画に発展しました。

最大の理由は先代PCのスペックでは動画編集がキツすぎたってところではあるんですがね。

おかげで現在は動画編集とても快適にできております。

やはりいい道具を使うと効率をあげますね。

ケチったらいかん。

ということで、長くなりましたが、ここまでお付き合いいただいてありがとうございました!

また少しずつPCを強化していきたいと思っていますので、その際はまた動画なり記事なりにできたらいいなと思っておりますのでまたお付き合いいただければ幸いです!

タイトルとURLをコピーしました