【映画】モータルコンバット 感想 ※ネタバレあり -真田広之さんがかっこよすぎる!-

映画
出典:Warner Bros

2021年6月18日に公開したモータルコンバット(※以下、モーコン)を見てきました!

2月19日にオフィシャルレッドバンドトレーラー(海外版)が公開され、その後も沢山の予告や特別映像が次々に公開されました。

海外では4月16日に公開されていましたが、日本では約2ヶ月遅れの公開となりました。

海外の公開日の祭りをネット上で指をくわえて見ていましたが…やっと!この日がきました!!!

以下ではネタバレを含みますご注意ください。

※視聴後推奨

スポンサー

真田広之さんがかっこよすぎる

真田広之さんのアクション最高にかっこよかったです!

海外の HBO MaxのYou Tubeチャンネルでは4月21日に本編冒頭シーン8分弱が公開されておりました(※日本版はワーナー ブラザーズ 公式チャンネルにて6月10日公開)

こちらを見ても分かる通り本当に素晴らしいアクションで、瞬きするのすら勿体ないと思うほどスピード感があり、迫力満点でした。

妻子の悲鳴を聞きつけたハサシ・ハンゾウ(真田広之)の辛いお顔を見て、涙がこぼれそうになってしまいましたが、

涙でこの映画を一瞬もぼやけさせるわけにはいかんと必死でこらえました。

動画内にはありませんが、ビ・ハン(ジョー・タスリム)に討たれた後目を覚まし、血を吐きながら地を這いずるその姿がとてもお美しく…。

映画において、死の近いキャラクターの演出は何故か心惹かれるところがあります。

美しいと思いませんか?

ただ血を口から出すだけではなく、喉からこみ上げているゴボゴボとした音のリアルさに演技力の素晴らしさを感じずには居られませんでした。

真田さんはこの冒頭のシーン、終盤のサブ・ゼロ(元ビ・ハン)戦で活躍でしたね。

サブ・ゼロ戦でのスコーピオン登場シーンがほんっっっっっっっとに格好いい!!!!

そして戦闘も言うまでもない最高の出来。素晴らしい!ブラボー!

スコーピオンらしさを損なわず、しっかり口から火も噴いてくれました!!!!!!

火を噴く時もお顔がドクロになったり…モーコンだぁ!!!!これはモーコンだぁ!!!って嬉しくなりました。

最初は「なんでお口周り黒いんだろ?」と不思議に思ってしまいましたが、火を口から出すからか…!とすぐに気付けました。細かいところまで演出が行き届いてましたね!

一戦目と二戦目比較↑

サブ・ゼロが学習してる!

スポンサー

サブ・ゼロがヤバイ

モーコンは真田さんが出演されると聞いて、ずっと情報を追いかけていたんであまり気にかけていなかったんですが…

サブ・ゼロが凄く格好良くてたまりませんでした…っ!

特に、予告でもありますが、ジャックス(メカッド・ブルックス)のショットガンを受け止める~の戦闘で、ジャックスを睨みつける目が力強く、それでいて艶っぽくいつまでも見ていたくなる程引き込まれました。

↑このシーンです(2枚目)仲良しなオフショットからの腕バラバラシーンチョイスw

Google翻訳:私はすべての感情の門は目を通してあると信じています

こんな↑引用RTも!やっぱり目がすっごい印象強いのはこういう事だったのか。

そして、初めてコール・ヤング(ルイス・タン)を殺しに向かうシーンで氷を操ってるシーンも迫力ありました。

そして、スコーピオンとの対決時にスコーピオンから噴き出した血を氷にして武器にした演出も興奮しました。こちらのシーンは予告でも見られるんですが、やっぱり大画面だと違いますね。

スピード感ある戦闘シーンでも見せ場はしっかり抑えていて見ている方はずっと興奮しっぱなしでした。

そんなサブ・ゼロ役のジョー・タスリムがモニターチェック。

可愛さしかない。

スポンサー

ミレーナの口

予告のミレーナ(シシィ・ストリンガー)を見て、

「あれ?口裂けてない…。それっぽいメイクは施されてるけど…。」

とちょっと「おや?」感を隠せずにいました。

マスクもしてないしね…。

この作品で一番心配していました…が!

大丈夫でした!立派な口裂けを見せてくれました!!!

よかったぁ…。やっぱりミレーナは口が裂けてて欲しい!

一つだけ欲を言えば…ミレーナのアクションシーンもっと見たかったです。

スポンサー

コール・ヤングはやっぱり…

映画オリジナルキャラクターの主人公コール・ヤングですが、やっぱりハンゾウの子孫でしたね。

You Tubeで公開された本編映像(上記参照)でハンゾウがビ・ハンに襲われた際に、ハンゾウの妻子が赤ちゃんを床下に隠したシーンでなんとなく察しはついてました。

が、当初は【ハンゾウの息子かな?】と思ってました。ここは違いましたね。

正確には、血縁者で、ハンゾウの直接の息子ではありませんでした。

実際、床下に隠された赤ちゃんは女の子でしたし。(ハンゾウの息子が「妹」と言っていたので)

床下に隠された赤ちゃんはライデン(浅野忠信)に救われて生き延びた。コール・ヤングはその末裔という感じでしたね。

コール・ヤングは予告を見る限り結構強いキャラなのかな?と思ってましたが、彼は総合格闘技の元チャンピオンだったけど、それ以降成果を出せずにいる男という設定でした。

やっぱ主人公は【弱い】から【強く】なるのがいいんですかね。いいですね。好きです。

能力に目覚めたシーンでは鳥肌と涙が…(涙はぐっとこらえた)

これ映画館貸し切りだったら叫んでたわ…興奮しました。

上記にもあるように、コール・ヤングは映画オリジナルキャラクターですが…せっかくならゲームでも出てほしいななんて思ったり。

コール・ヤング役のルイス・タンめっちゃ可愛いんですよ!

Twitterも是非チェックしてみてくださいまし。

スポンサー

リュウ・カンとクン・ラオ

ハチャメチャに可愛いっ!

リュウ・カン(ルディ・リン)が出てきた時「キターッッ!!!」と心のなかで叫びました。

そして、クン・ラオ(マックス・ファン)が出てきた時にも「キターッッ!!!」と心のなかで叫びました。

この2人の師弟愛というか…この2人のセットが大好きなんですよ。

そして、映画でもこの2人の2人であることの良さをしっかり引き出してくれてて大変うれしく思っておりますっっっ!!!

クン・ラオがシャン・ツン(チン・ハン)に魂を吸収されるシーンで、最初に叫んだのがリュウ・カンの名前。

それに気づいたリュウ・カンが必死にクン・ラオの元に向かおうとする。

しかし、間に合わずクン・ラオは葬られてしまう。それでもクン・ラオの元に駆け寄ろうとするリュウ・カンをコール・ヤングが抑え、ライデンが作った脱出口へ無理やり連れて行かれる。

そして、リュウ・カンは「死ぬ時は一緒のはずが生き残ってしまった…」※要約 と…。

かぁあああああっっっっ!!!!!!!!激アツ展開。もおおおおこういうの大好き…っ!涙こらえるの必死ですよっ!

互いに無意識に依存し合ってるの大好きです、ありがとうございます…っ!

クン・ラオ役のマックス・ファンの超絶かっこいいやつ!(語彙力w)

ええ…格好いい。そして綺麗な着地。手をクイクイってするのイイネッ!

安全のためか、ルイス・タンが両手を広げて待機してるのに愛を感じる。

そして、リュウ・カン役のルディ・リンの超絶かっこいいやつ!(語彙力w)

しなやかで美しい…っ!ムエタイと柔術の達人!筋肉が芸術レベル。

スポンサー

映画としての全体評価

ここ迄読んでくださった方ならもうおわかりでしょう。

大変楽しませていただきました!!!!

美術面でも本当に美しいシーンが多く、違和感が無いので没入感たっぷりでした。

ストーリーも綺麗にまとまっているので、ゲームのモータルコンバットのお話を知らなくても大丈夫かなという印象です。

ただ、もう少し各キャラクターの深堀りがあるともっと楽しめるかな…?というところも。

私はこの映画の存在を知ってからモーコンのゲームを買ったりと予習をしてきましたので、基礎的なことは頭に入っている状態だったのは有利だったかなと思います。

だからといって、ゲームをやっていなければ楽しめない!みたいな映画でもないので、もっと知りたいキャラクターが出てきたらゲームに触ってみるのもいいのかな?と思いました。

後は、登場キャラクターが多いこともあり、アクションシーンが多いキャラと少ないキャラの差が少し気になりました。

が、お腹いっぱい!となる程詰め込まれたアクションシーンの多さは大満足なので、各アクションシーンの長さの違いは仕方ないのかな?とも。

そして、ラストの終わり方ですが…続編を期待させるものでした。

これに関しては賛否両論あるかなと思いますが、私は続編欲しい!もっと見たい!と思えたのでいい方向に考えています。

全米1位獲得ですからね。続編は十分期待できるでしょう。

Fatality

これはモータルコンバットですから。

Fatalityなくして成り立たん!などとw

ありましたねFatality!!!

これは嬉しかったですねぇ!映画がきっかけとはいえ、事前にゲームをプレイしていた身からすると

あああこれはあああ!!!!Fatalityだああああ!!!!ってなりましたよw

もちろんグロもガッツリ!

お腹に穴が開いたり、首が飛んだり、腕が粉々にされたり、体が縦に真っ二つになったり…っ!

モーコンだ…モーコンだよ!!!これが!!!!モーコンです!!!!!

スポンサー

おわりに

この映画はもともと真田さんが出演されるということで絶対見る!と意気込んでいました。

実は真田さん出演映画をスクリーンで見るのが初めてでした。

見れてよかった…。本当に素晴らしく美しくしなやかで格好良かった…っっ!!!!

しかし、それだけではなく、映画としてもとても良かったですし

他の出演者さんたちのアクションも素晴らしいものでした。

今回特に印象に残ったキャラクターをメインに感想を書きました。

他にも大事なキャラいたりしますが…そこはすみません。

いつもより早起きして、通勤ラッシュに巻き込まれ時間に間に合うかハラハラしながら映画館になんとかたどり着き、一番早い時間の上映で見た価値がありました。

この感じだと、後数回は劇場で見ると思いますw

これは劇場で見ておくべき作品だと!私は思います!

おまけ

Twitterで上げられていた中の人達のオフショットを…

映画内では血みどろになって戦っていた彼たちの仲良しオフショットが可愛すぎる…っ!

このお二人仲良しさんなのかな?w

お野菜いっぱい食べてる印象w可愛い。

浅野さんと…筋肉美なルディ・リン。あんよ真っ黒w

ッカーッ!可愛いっ!w

集合写真楽しそう!

血糊ぺたぺた。バトルスーツ暑そうね…w

やっぱ仲良しか!!www可愛いwwwサブ・ゼロ感0w

瞑想…

浅野さんと!かわいい…っ!

Fatality!やっぱお野菜w

タイトルとURLをコピーしました