【黒澤映画】七人の侍を見た!黒澤映画の魅力にハマる!【感想】

映画

あの神作として名高い七人の侍をついに見ました!

え?今更?とか思われちゃいそうですが…

見たいと思ったのはゴーストオブツシマがきっかけでした。

勿論、黒澤映画についてはなんとなく知ってました。

「白黒で…侍とかがいるやつ。」

そんな程度の知識。

いざ見てみたら…とんでもない作品でした。

勿論いい意味で。

そんな七人の侍の感想今回は書いていきます!

スポンサー

ストーリー

ある農村に野武士達が襲撃に来ると知った村人たちは考えを凝らし、侍を雇って対抗することを決意。7人の浪人をなんとか集め、村人たちと騒動を起こしながらも戦いに備えていく…

身分によっての考え方の違い・泥臭くリアルなアクション・甘酸っぱく切ない恋など。

  • 1954年公開
  • 本編:207分

もしかしたら私のようにまだ見たことがない方もいるかもしれませんので詳しくは書きませんが

一番驚いたのは、開始からものの数十分で見ている人の心を鷲掴みにするストーリー構成なんですよ。

グッと惹きつける。

最初の数十分で飽きてしまう映画って結構あるんですがね…これは違った。

ものの数十分で人の心を鷲掴みにした後もずっと離さない。離してくれない。

それどころかどんどん七人の侍沼に引きずり込まれていく。

凄い。なんて作品だ…。

本編は、前後編で別れているんですが…後編は涙がとまらなくなります。

ずっと泣いてました。

スポンサー

魅力的な登場人物

七人の侍達も勿論、その周りを取り巻く人たちもとても魅力的で見ていて飽きません。

その中でも特に目をひいた人たちをちょっと紹介させて下さい。

島田勘兵衛(しまだかんべえ/演:志村喬)

序盤からパンチが強い登場。

僧に化けて、子供を人質にとった盗人を討つという…。

え…かっこいい…。

盗人を討つためだけに、子供を助けるためだけに頭をまるめるという…。

絶対強いじゃん。(強い)

浪人だけど、人情に厚く温厚な性格で人を引きつけるんですよ。

人をまとめ上げる力も強く、策士でもある。

この人あって侍と村人はまとまった。

正統派のかっこよさ!たまらなかったです。

菊千代(きくちよ/演:三船敏郎)

ギャグ要員でもあり、実はめちゃくちゃ格好いい菊千代。

演技力パネェ。

おちゃらけてて、大きい体でハチャメチャに動くのを見てるだけで癒やされる。

お猿さんみたいです。ガキ大将臭さもw

最初は仲間に入れてもらえなかったけど

勝手についてったらなんだかんだで認められて共に村を守ることに。

ちょっと不器用で可愛い。

でも実は悲しい過去があったりするんですよ。

不器用ながらもまっすぐ生きるその様。目が離せなくなります。

久蔵(きゅうぞう/演:宮口精二)

どちゃくそかっこいいっ!!!!

推しメンですっっっ!!!!!!

口数が少なく渋い。

THE 凄腕です。

が、そんな彼…凄く優しい一面があるんです。

是非映画を見て確かめてほしいです。

1人で危険な仕事を率先して引き受けて成果を上げて帰ってくるんですよ。

しかもそれを誇らしげにするわけでもなく「俺は少し眠る」と…。

ええええかっこいいいいい!!!

眠っていても馬の足音で目覚めすぐに戦場へ。

ええええええかっこいいいいいいいいああああああ!!!

少し小柄なのもよくてですね…。

「小柄で強い」って凄く好きなんです。

私が小柄なので、憧れます。

人足(演:多々良純)がいい味出してる

序盤百姓はなんだかんだありつつも良さそうな侍を見つけられましたが…

断られちゃうんですよ。

そこで出てきたのが人足(力仕事などをする人)

この人足、序盤はクソみたいに嫌なやつだったんですよ

侍を雇うという百姓達を馬鹿にして嫌味をずーっと言ってました。

それが起こるまでずっと。

侍に助けを求めて断られた百姓に向かってこう吐き捨てました。

「早いとこ首切っちまえよ!」

この嫌味を聞いた若侍が

「この百姓たちの苦衷がわからんのか!」

と人足に怒りを向けるんですね。

そしたらですよ。

人足が

「わかってねぇのおめぇさん達よ!わかってたら助けてやったらいいじゃねぇか!」

炊かれた米を突き出して、

「自分たちはひえ食っておめぇさん達に白い飯食わせてんだ!百姓にしちゃぁ精一杯なんだ!」

って侍に訴えかけるんです。

ううううううなにこれギャップ萌え?

この時代でギャップ萌え知ってた?流石黒澤監督…。

突然嫌だった奴がいい奴に変貌したときの「うおお!!」感ヤバイですよね。

人足の見せ場、最高でした。

凄い毛量だ…って思っててごめんね。

スポンサー

映画全体

ストーリーや登場人物も重要だけど、やっぱ映画全体はどうなのよってところですよね。

大分古い作品ですし、今の綺麗な映画に見慣れているとちょっととっつきにくいなんて思ったり。

実際私も見るまでに時間がかかりました。

なので、少しでもそのハードル下げられるように私が受けた印象を記録しておきます。

白黒の映像

生まれてこの方カラーな世界で生きてきたので白黒の映画ってなんだかどうなんだろうなぁ

なんて思っていたりしました。

が、見てみると味があっていいですね。

もっとザリザリしていたり、表現がわかりにくいかな?なんて思ってたりしたんですが

そんなこともなくしっかり起きている物事が伝わってきました。

いつの間にか全く違和感なく見れるようになります。

逆に無駄なところに視点がいかなくなって見やすくなるのかな?とも。

光があたっている部分を追いかけがちになるので

重要なところで伝えたいところがわかりやすいなという印象を受けました。

勿論それだけじゃないですけどね。

光が当たる部分と影になる部分のメリハリがわかりやすいので二分されているシーンとか凄く格好いいなと思いました。

専門的なことわからないので素人目線ではありますがね。

音声

音声は今と比べるとこもってる感じがしますね。

故にたまに聞き取れない部分が出てきちゃいました。

私の耳がちょっと鈍いのかな…。

場合によっては字幕が欲しいなってところがちょこちょこありました。

こればかりは仕方ないかな。

1954年の映画ですからね。

時間

この七人の侍ですが…上映時間が207分!

つまり…3時間27分でございます!

は?????????

最初時間を見た時に「ん????」ってなったのは言うまでもないですね。

とんでもない大作だ…。

そんな長さもあってか、前後編に分かれています。

そして途中で今の時代ではなかなか見ることができない画面が映し出されました。

引用:七人の侍より

前後編の間に5分の【休憩】が入ります。

映画流したままトイレ行ける!w

前半部と後半部の間に5分間のインターミッション(途中休憩)を含む上映形式。前半部では主に侍集めと戦の準備が、後半部では野武士との本格的な決戦が描かれるが、「侍集め」、「戦闘の準備(侍と百姓の交流)」、「野武士との戦い」が時間的にほぼ均等で、構成的に3部形式であるという見方も可能。

引用:Wikipedia:七人の侍

3部形式であるという見方も!なるほど!

時間的にほぼ均一ってのは気づきませんでした。

凄く考えられて作られてたんですね…。

すげぇ…。

アクション

泥臭いアクションとはまさにこれ!!!

綺麗な戦闘なんてありません。

実は私、綺麗な殺陣が見たくて七人の侍を見ようと思って見たんですが

「そんなものはない!」

と黒澤監督に頭を叩かれた気持ちになりました。

私の求めていたものはなかった。

でも、そこにあったのは泥臭く、リアルな戦い。

夢中になりました。

ああ、そうか。実際の戦いはこういうものなのだと。

いや、これは作り物だとわかってはいるんですが、

実際に村を守るために七人の侍と農民が、四十騎の野武士を相手にするとなれば

こういう戦いになるのだと。

後編の野武士との戦いは本当にワクワクしました。

撮影環境

野武士との戦い終盤、決戦のシーンで気づいたのが【役者さんの息が白い】でした。

これものすごい極寒の中の撮影では?!

そんな中で役者さんたちは一寸の震えもなく演じていらっしゃるんですよ。

その上、大雨の演出。

待ってくれ…白い気がはっきりとわかるほどの極寒の中の大雨。

その冷たい雨で足元はゆるくなり水たまりだらけ。

決戦シーン。

雨に打たれ、泥にまみれ、全身ぐちゃぐちゃになりながら戦うんです。

え…凄すぎないか…?!

どういう状況だったんだ?!

6月頃の設定である豪雨の決戦シーンは真冬の2月に撮影した。1月24日の大雪でオープンセットには30センチの雪が積もり、スタッフは消防団や学生アルバイトを動員し、3日かけてホースで水を撒いて雪を溶かした。地面は膝までつかるほど泥でぬかるみ、そこに数台の消防ポンプで雨を降らせたため、撮影は極寒の過酷な状況下で行われた。

引用:Wikipedia:七人の侍

素人目でもヤバイ環境だとはなんとなくわかりましたが…

実際はもっと過酷だった…。

この状況であのシーンを…?!七人の侍…恐ろしい映画です。

是非その目で確かめて下さい。

本当に凄いです。

スポンサー

七人の侍はU-NEXTで見れる!

私は七人の侍をU-NEXTの見放題で見ました!

ありがてぇ!

見たいなぁとは思っていたんですが、購入での視聴が多くてですね…。

好きな役者さんを追いかけているわけでもなく

初見の映画を購入ってちょっとハードル上がりますよね。

U-NEXTでは初回31日間無料トライアルをやっているので

無料トライアル中の私は実質無料で七人の侍見れちゃったわけです。

やったぜっ!

32日目から料金が発生しますのでそちらだけお気をつけて。

勿論気に入ったら契約継続するのもオススメです。

U-NEXTで七人の侍を見る

七人の侍は【2021年12月4日 23:59まで配信】です。

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサー

終わりに

兎に角…兎に角この感動を伝えたかった!

ネタバレは極力抑えた内容で頑張って書きました。人足のとこだけは許して欲しい。

いやぁ、黒澤明監督の手のひらに乗った感凄い。

あとはこのまま黒澤映画の沼に沈むだけです。

さて、次は何を見ようかな。楽しみです!

したらば、これにて!

 

おまけ※ネタバレあり

※この先は重要なネタバレを含みます。

まだ七人の侍を見ていない方は見ないほうがいいです。

是非、映画を見てから…!で、お願いします。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

散り際の美しさ

私の推しメン【久蔵】の最期のシーン…本当に素晴らしかった。

絶命するその時まで武士でした。

種子島に撃たれ倒れてもなお立ち上がり

「敵はあそこだ」

と言葉もなく刀を敵の方向に投げ、泥の中に身を落とします。

映像の見栄えは、重要人物である久蔵の最期にしては地味かもしれない…。

けど、何故こんなに美しいのか。

最期の時まで戦いに身を呈した。

真の武士。

 

そして、最年少の侍、岡本勝四郎が悲鳴ともとれる声で泣き叫びながら久蔵に駆け寄り体を起こして救おうとするんです。

この演出…っ

この演出よ…っ!

そして仲間に久蔵を託し、がむしゃらに泥にまみれて泣き叫びながら仇を討ちに行こうとします。

そこで菊千代が勝四郎を止め、自らが敵に立ち向かいます。

が、菊千代も建物越しに種子島に撃たれてしまうんです…

が、撃たれたのは菊千代。

ただで倒れるわけがない。

種子島を撃った大将を返り討ちにし、自らも共に絶命。

泥まみれで雨にうたれて…

散っていく

あまりの美しさとかっこよさと切なさで大号泣しながら興奮してました。

本当に良かったです。

個人的に一番のみどころです。

 

あと、ほんとこれは性癖なんだろうなと思うんですが、

久蔵が倒れた後に、泣き叫びながら誰よりも早く久蔵に駆け寄り、

我を忘れ仇を討ちに行こうとする勝四郎の姿が本当に興奮するんですよ。

そこで、勝四郎を全力で止めようとする菊千代もまたいい。

この二人の演出が最高に興奮する。

何でしょうね。

こういう描写とても好きなんです。

我を忘れて泣き叫びながら本能のままに動こうとする人と、

これはまずいと、それを押さえつけるかのように止めに入るシーン。

たまらないんですよね。

わかってくれとは言いません。

ただ、言いたかった。

それだけです。

したらば、これにて!

タイトルとURLをコピーしました